建築家石出和博が心で見た日本の美しさを写真とエッセイでつづった日本のかたちとこころを癒す叙情詩・こころ紀行

カテゴリー一覧
最近のエントリー
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます☆
今日から師走☆
上棟式と新ブランド発表!☆
青山流儀(せいざんりゅうぎ)VOL.12発行!
上半期総括~☆
近況報告☆☆
新撮影物件公開☆☆
オーナー様住宅 特別見学会開催!☆
各現場進行中~☆
バックナンバー
2006.12.27

プロローグのすすめ☆

少しご無沙汰してしまいました~。
クリスマスも終わり、お正月に向けて最後の追い込みの時期ですねー。
わたしも連日奮闘しています。
この時期、、、やはり一年をふり返り、原点に帰るという意味でも「Webこころ紀行」の原点のお話をしようとおもいます。
「Webこころ紀行」にはたくさんのお地蔵さまの写真が登場します。
こちらはその中でもわたしが一番すきな写真です。

エッセイでの掲載はこれからですが、楽しみにしていてくださいね♪♪
石出がお地蔵さまを撮り始めたきっかけは、小学生だった1954年にふるさと芦別野花南で起きた鉄道事故、、、。
一緒に鉄橋をわたっていた友人7人が目の前で犠牲になりました。
成人後に撮影した慰霊のお地蔵さまの一枚、、、。
それが石出の「原風景」であり、「Webこころ紀行」の原点なのです。
その内容を石出からのメッセージとして「プロローグ」に展開しています。
ぜひ読んでくださいね~。
http://www.kokorokiko.com/prologue/index.html
札幌はすっかり雪景色です☆

ナナカマドの赤い実と雪の白のコントラストがきれいで、思わず撮った一枚です♪

投稿:2006.12.27
2006.12.18

よこはまの欧米か~!☆☆☆

師走というだけあって、何だか毎日パタパタと走り回っています。
皆さんもそうでしょうかー??
そんな中でちょっとひと息「Webこころ紀行」を読んで見ませんか~。
こころがほんわりあたたかくなりますよ☆☆☆
さてさて、前回のお話が好評だったので、今日は「みなとよこはま第二弾」をお届けします!
皆さんは「よこはま」と聞いて、何を思い浮かべますかー。
中華街、横浜スタジアム、海、港、赤レンガ、、、もちろん、みなとみらい、ランドマークタワーなどなどたくさんありますよね。
新しいスポットで言うと、ベイクォーターもありますね~。
私もいろいろとお気に入りスポットがあります♪

こちらは日本大通りからほど近いとある一角。
この風景、異国情緒ただよっていると思いませんか~。店内はと言うと、、、とってもアメリカンなのです☆
お店の前ではかわいいネコちゃんがお出迎えしてくれます♪(実はちょっとにらまれて、急いでシャッター切ったらぶれちゃいました、、、。ハハ、、。)


ここからてくてくと道なりに歩いていくと、山下公園があります。
先日、偶然ですがとーーーーっても珍しいショットが撮れたので、お披露目しまーす☆

どうですか~。氷川丸にならんだカモメさんの列!!
すごくないですかー!ただならんでいるだけじゃなく、みんな同じ方向を向いているのがすごいなーと感動し、最終的にはだんだんおかしくなってきて大笑いしちゃいました♪♪
ハードな出張の中で、ちょっとほっとするひとときでした~☆☆☆

投稿:2006.12.18
2006.12.12

世界でいちばんの夜景☆

皆さん、最近ドラマなんて見てますかー。
クリスマスをひかえたこの時期は、ちょっと胸がキュンとなるような恋愛ものがかならずありますよね、、。
その中のひとつ、土曜夜9時からの「たったひとつの恋」は、HOP東日本支社がある「みなとみらい」が舞台なんです! 
というわけで、亀梨くんの熱烈なファンでもない私ですが、ついつい見てしまっています。
先月の横浜出張の際にも、ロケが行なわれていたんですよ♪
東日本支社はクイーンズタワーA棟の7Fにあり、おとなりのランドマークタワー16Fでは、月に一度NHK文化教室で石出の講義が行なわれています。
どちらも窓から見る景色が素晴らしいのですが、みなとみらいは何と言っても夜景がとっても美しいのです☆
それもそのはず、今年の「夜景世界一」にみなとみらいが選ばれたのだそうですよー!
パチパチ☆
香港やラスベガスよりも「みなとみらい」の夜景がいちばんだなんて、、、すごいねーーーーーーーー!!♪♪

私が撮っても、どうですかー。美しいでしょー。
皆さん、みなとみらいに行かれた際には、ぜひ世界でいちばんの夜景を見てくださいね~。
人間というのは、美しいものをみると、こころが豊かになるそうですから☆
「たったひとつの恋」は今週が最終回です。
最後におまけのご紹介ですー☆☆☆

こちらは主人公ヒロトくんとナオちゃんをつなぐイガイガくんです。
ピカピカ光ります。LEDをつかっているので、半永久的に光ります。
かわいいでしょー。
忘年会などで盛り上がりそうだから、たくさん買っちゃおうかなー。なんておもってます♪

投稿:2006.12.12
2006.12.8

牛はのろのろと歩く~。

石出は以前短大で10年間「インテリアデザイン」の非常勤講師をつとめました。私はその第一期生です♪卒業生のみなさ~ん。石出先生は元気ですよー☆
同期のTちゃんは「石出先生、まだ世界一になるって言ってるのー?その言葉がすごく印象的だったんだー。」と言っています。
私たち教え子に人生についてのたくさんの教えをくれた先生でした。
さてさて本題です。
先日、母校の短大で教授先生にお会いする機会がありました。
開口一番「石出先生、相変わらずごはん食べるの早いのー?」と聞かれ、、、思わず笑っちゃいました♪
そうなんです!石出は人の記憶に残るほど、食事のスピードが速いんです。
食事に同席したときなどはたいへん~食べはじめてしばらくすると、「さあいくぞ!」と言われちゃう。
「まだ食べ終わってないのにー・・・・。」とおもうことなんてよくあります。
おかげで私の食事のスピードは格段に速くなりました☆
食事が早い人は仕事もできると言われ、最近ではすっかり気をよくしていますが、、。
わたしって単純・・・。
とにかくHOP社長室の毎日はものすごいスピードですすんでいきます。
そんなせわしない日々の中で、ほっとする瞬間、、、それは社長室の入口に飾られた一枚の書を見たときなんです。

「牛はのろのろと歩く」
この書は北海道の女流書道家の第一人者、安藤小芳さんの作品です。
石出のお気に入りの言葉です。
シンプルだけど、すごくほっとするんですよねー☆
「急がば回れ」的な意味合いだと思うんですが、そんなに気ぜわしくしないで、少しゆったりかまえてみたら~と言われているように感じます。
あー。でも明日のNHKの講義の内容考えなきゃーーーーーーーー。

投稿:2006.12.8
2006.12.5

こころ紀行誕生ものがたり♪

皆さまからたくさんのメッセージが届いています~ありがとうございます!
今日はこころ紀行誕生についてのおはなしです~。
「こころ紀行」が連載されていた「月刊さっぽろ」は1961年の創刊以来39年間、札幌市内で根強い人気を得てきたタウン誌でした、、、が、インターネットの普及などもあり、タウン誌の使命を終えたということで、残念ながら2000年に廃刊となりました・・・。

月刊さっぽろは枝木順子さんという素敵な方が編集長でした。
実は「こころ紀行」は枝木さんが名づけ親なんです!
石出の撮ったお地蔵さんの写真を偶然みて感動され、そこから連載がスタートすることになったそうです。
本格的な文章など書いたことのなかった石出でしたが、その後廃刊までの8年間を書き続けたわけです♪
各地にファンクラブができるほどの人気連載エッセイでした。
「Webこころ紀行」はまだまだスタートしたばかりですが、月刊さっぽろのように長く多くの方々に楽しんでいただけるよう、がんばってまいります!

投稿:2006.12.5
こころ紀行
オンラインギャラリー
「こころ紀行」に掲載された写真パネル等の販売をいたします。
皆様からの声をご紹介!
「こころメール」公開中!
メッセージはこちらから!

著者、編集局へのメッセージやご意見、ご感想をお寄せください。
編集長 Profile

関 恵里子 Eriko Seki

東日本統括部長
HOPグループ広報統括

建築家石出和博氏の教え子(短大時代・第一期生)
輸入インテリアショールーム、法律事務所勤務を経て、現在に至る。カラーティーチャー資格を生かし、多数の物件でインテリアを担当。
2008年5月よりHOP広報企画室(現広報戦略室)として本格始動。


“Living Wellness in Luxury”のFacebookページにてHOP作品が紹介されています