建築家石出和博が心で見た日本の美しさを写真とエッセイでつづった日本のかたちとこころを癒す叙情詩・こころ紀行

カテゴリー一覧
最近のエントリー
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます☆
今日から師走☆
上棟式と新ブランド発表!☆
青山流儀(せいざんりゅうぎ)VOL.12発行!
上半期総括~☆
近況報告☆☆
新撮影物件公開☆☆
オーナー様住宅 特別見学会開催!☆
各現場進行中~☆
バックナンバー
2007.9.25

ゆらぎ効果~♪

いよいよ9月も最終週です。早いですねー。
今年も残すところあと3ヶ月!来年のカレンダーが販売され始めているのを見ているだけで、なんだか焦ってしまいます☆
最近社長室の業務が一気に拡大し、ちょっと右往左往している今日このごろ、、。
先週の東京出張も、ボスの横浜NHKでの講義~青山にてカッシーナレセプションパーティ~などなど、ホッとする間もないほどに飛び回っていました。
そんな中で打合せの合間に銀座で見かけたビル☆
一瞬、疲れがたたって私の頭がゆらい~でいるのかな~と思ったのですが、、、

実はこのビルがゆらいでいるんですよねー。
正式名称はあると思いますが、私の中で勝手に命名しました!「ゆらぎビル」♪
「ゆらぎ効果」は本当は奥の深いもの。
皆さん、ぜひボスの新作エッセイ「ゆらぎ効果」http://www.kokorokiko.com/photoessay/30.html
をご覧になってくださいね!☆

投稿:2007.9.25
2007.9.14

white book を知っていますか、、?

突然ですが、皆さん white book(ホワイトブック)を知っていますか?
私は、、、昨日、はじめて手にしました♪

カッシーナさんから頂いたので、コルビュジェのLCシリーズが表紙になっています。
このwhitebook、ただものじゃありません!
異業種8~9社(一業種一企業に限定)のものづくりに対するコンセプトや歴史などの情報を掲載。
ラグジュアリーブランドのVIP顧客をターゲットに、ほかのメディアでは伝えにくいブランドの価値を伝えるのが狙いで、「質の高いライフスタイルのすべてがこの1冊でわかる」ことを目指しているんですって。
普通には販売されていないんです。
参加ブランドが顧客に進呈しているほか、ホテルの客室やショールームに設置されています。
これはHOPグループの理念と歴史を語るにふさわしいツール!と直感で感じた私は、何とか掲載にこぎつけるべく作戦を考えているところ☆
ブランドに奥行きやストーリー性があるか、どんな顧客層かなどを基準に参加企業を厳選するということなので、アプローチをうまくやらねば、、。
挑戦するのも楽しいー♪
動きがあったら、すぐにお知らせしますので、皆さんも楽しみに待っていてくださいネ☆

投稿:2007.9.14
2007.9.10

「物と空間が語る時代精神」 掲載!

先週は月曜日に横浜でのお引渡しに出席、火曜に帰札して、水木と札幌で新聞社との打合せや現場確認などに奔走し、金曜は帯広でボスの講座開催と、ほとんど机に座っている時間がありませんでしたーーー!
ちょっとお見せできませんが、ボスのところから引き下げてきた書類などで私の机上はあふれかえっています。
これ以上増えたら記憶にとどめておくのが難しくなるかもー!
とりあえず、縦と横をそろえて、何となく整頓されているようには見えますが、、。ハハ、、。
整理整頓は仕事の基本なので、少しづつでも頑張りマース!
さてさて、本題ですが、今日は皆さんにとっておきのお知らせがあるのです♪
本日発売の「茶道誌淡交増刊号:江戸期の京焼」にボスと陶芸家の清水六兵衛氏の対談が掲載されたのです!
京都、高台寺の国宝鬼瓦席にて、宮大工の技術を基に茶室建築を数多く手がけているボスならではのお話を展開。日本人の遺伝子に組み込まれている「精神性」について、語っています。
お茶をたしなむ方も、そうでない方も、ぜひ書店でお手にとってみてください。

投稿:2007.9.10
こころ紀行
オンラインギャラリー
「こころ紀行」に掲載された写真パネル等の販売をいたします。
皆様からの声をご紹介!
「こころメール」公開中!
メッセージはこちらから!

著者、編集局へのメッセージやご意見、ご感想をお寄せください。
編集長 Profile

関 恵里子 Eriko Seki

東日本統括部長
HOPグループ広報統括

建築家石出和博氏の教え子(短大時代・第一期生)
輸入インテリアショールーム、法律事務所勤務を経て、現在に至る。カラーティーチャー資格を生かし、多数の物件でインテリアを担当。
2008年5月よりHOP広報企画室(現広報戦略室)として本格始動。


“Living Wellness in Luxury”のFacebookページにてHOP作品が紹介されています